こんなにある!太陽光発電を導入するメリット


太陽光発電は家中だけでなく電気自動車の熱源にも

太陽光発電は、かつては売電という形で利益を得られるものとされてきましたが、2019年に固定買取制度が終了してしまったため、必ずしも利益につながるとは限らなくなりました。そのため、自宅で100パーセント使ったほうが利益につながりやすいと考えられるようになっています。
そのため、年間で使用する光熱費が大幅に減る面が最も大きなメリットといえるでしょう。太陽光発電で自宅の電気を全てまかなえるため、電気の量によっては自宅で使うだけではなく、電気自動車の熱源としても利用が可能です。電力の使用に関して家族全員で省エネできる発想を培うことが可能といわれています。子供のうちから節電や省エネを意識した生活を送ることができるでしょう。

物理的なメリットと災害時のメリット

意外に知っている人が多くありませんが、太陽光発電パネルを屋根の上に設置することで、屋根の表面の温度が太陽光によって上昇しづらくなり、結果として室温の変動を緩やかにすることができます。室温に変化が出にくくなったことで、光熱費をある程度削減することも可能です。蓄電池を設置することによって、太陽光発電を利用していれば災害時に停電しても自宅だけで電気を使うことが可能となります。蓄電池と呼ばれるものを用意しておくだけで、ある程度の期間、電気を使えない状況から開放されやすくなるでしょう。特に災害時に電気の有無は、生活できるかできないか重要なポイントです。台風などが発生しても電気が使えるよう、あらかじめ用意しておいたほうがいいと感じる人も多いといいます。

太陽光発電の価格はメーカーごとに異なりますが、1kwで約24万円から約35万円くらいの価格だと言われているようです。