事前にしっかりと理解しておきたい自営業の始め方


採算が取れるかどうかを慎重に判断しよう

会社員の収入は安定しているものの、稼ぎたいなら経営者として活躍する自営業をおすすめします。ただ、始めるからには採算が取れるのかどうかを慎重に判断することが大事です。製品やサービスを提供するには材料費だったり、光熱費だったりなど費用がかかります。売上から費用を差し引いて利益を出せると判断できたのであれば、自営業をスタートさせましょう。

しかし、利益を出せるかどうかの判断が難しかったり、明らかに無理だったりする場合は採算が取れないので、自営業をスタートするリスクが高まります。稼げる金額や自分のペースで仕事ができることなど、自営業はメリットが多い一方で収入の少なさで続けるのが厳しくなることがあります。そのため、採算が取れると判断できた段階になってからスタートさせましょう。

数年後や数十年後の展望まで考えておく

自営業を始める場合は3か月後や半年後、1年後だけではなく、数年後や数十年後の展望まで考えておくことが大切です。始めたばかりの頃は上手くいかないことが多かったり、顧客が見つからなかったりなど厳しい状況に直面することは珍しくないです。そのため、目の前の仕事を1つ1つこなすしかないので、先のことを考える余裕がない人は多いでしょう。

ですが、将来的な展望が決まっていない状態ではどのような方向を目指すべきなのか決まっていないため、迷いや悩みが多くなります。きちんと将来の展望を考えておけば、迷いや悩みがあったとしても目指すべき方向が決まっていることから行動しやすくなります。ですから、自営業を始める時は考える時間を作ることが重要です。

フランチャイズ(Franchise)はビジネスの形態です。加盟店は本部と契約を結ぶことで、商品、サービス、経営ノウハウなどをまとめて得ることができます。その代わりに、加盟店はロイヤリティを本部に払います。