自作もできる!初心者でも挑戦しやすい電気製品は?


自分好みの照明器具を作って楽しむ

初めての人でも自作に取り組みやすい電気製品の1つが照明器具です。学校の授業で照明器具作りを行った経験がある人もいるのではないでしょうか。複雑なものでなければ、ソケットとコンセントのプラグ、コードなどが揃えば自作できるので、手軽に挑戦できます。これらの部品は、ホームセンターに行けば揃います。なお、ソケットにはオンオフスイッチ付きのタイプがあり、用途に応じて選ぶことが可能です。

照明器具の自作は、自分でシェードのデザインを考える楽しみがあります。インテリアのテイストに合わせて素材を考えたり、電球の色味を変えたり、アイディア次第でオリジナル照明が簡単に作れる点が魅力です。市販の照明器具に好みのものを探せなかった場合にも向いています。

もっと簡単に自作したい人にはキットが便利

最初から部品をすべて揃えてゼロから作るのが不安な人は、自作用のキットを利用してみましょう。キットなら詳しい作り方も分かりやすく記載されていて、より手軽に挑戦できます。また、自作用のキットは、対象年齢が10歳以上に設定されている場合も少なくありません。はんだ付けが必要な電気製品も、練習用の基盤が入っているものもあります。数時間程度で作れるものも多いので、親子で一緒に電子工作に挑戦したいときにもぴったりです。

たとえば、スピーカーやラジオのキットは入門用におすすめです。電池式のスピーカーやラジオなら、軽くて持ち運びに便利というメリットもあります。ラジオはAMとFMの両方に対応するタイプが多く、牛乳パックなどを活用して自己流にアレンジできるキットが人気です。

プリント基板設計はインターネットサイトから受注可能です。技術的な相談はメールや電話でやり取りをすることができるのです。