研修で大事なこと!研修では受講生のやる気を引き出す!


研修を受けたくないという人のやる気を引き出す下準備

研修は受講生のやる気次第で成果が大きく違います。そのため、受講生のやる気を引き出すことは重要なポイントです。研修を受けたくないというのは理由はなんでしょう。仕事が忙しいから?面倒だから?色々な理由があるでしょうが、最低限研修のために仕事を入れないことは必要です。仕事があれば研修に集中できなくなります。まずすべきなのが仕事と研修を切り離すことでしょう。研修のためにスケジュールを空けてもらい、仕事のことを考えなくていい状況を物理的に作れば、研修へ気持ちが向かう最低限の状態が整います。さらに、できれば空間的にも隔離されている方が研修へモチベーションが上がります。研修しかやることがない状況を作ることはやる気を引き出す一歩になります。

内容でやる気を引き出す方法

受講生がやりたいことを研修に取り入れるとやる気を引き出すことができます。研修は会社が企画するとどうしても受講生が受けたいものと違うものなる可能性があります。研修は会社側の思惑と受講生が期待しているものの溝を埋めないと成功することはありません。やる気のない研修を行うことになります。やる気を引き出すために受講生からアンケートを取る方法があります。受講生の希望を聞いて、研修にそれを取り入れるのです。その上で会社が実施したい内容も含めるようにします。折衷案が上手くいくと、双方にとって利益になる研修になるでしょう。ただし、受講生の希望案の内容を多くすることが大事です。そうしないとやる気は起きないからです。

新卒であれ中途採用であれ、新人研修は欠かせません。ビジネスマナーや基本的な知識を学ばせる事で新人のスキルアップに繋がります。また、会社の理念や沿革を共有する事で帰属意識を高めることができます。